全仏オープンのドローが決まりましたね。今大会、第7シードの錦織選手は、ラファエル・ナダルの島になりました。

前年度の全仏覇者で、クレーキングのナダルは、今大会の優勝候補筆頭の選手。錦織選手が、この全仏で優勝するには、どの島になろうと、ナダルを撃破しなければならないと考えると、ドロー的には、ラッキーと捉えてもいいのではないでしょうか?

順当に勝ち上がっていったとして、4回戦では、メドヴェージェフとの対戦の可能性があります。しかし、この両者、どういうわけか、最近、よく当たりますね。

ここ直近の対戦では、楽天オープンで敗れ、ブリスベンでは、決勝で当たり勝利、バルセロナでは、準決勝で敗れています。

両者の試合は、かみ合うというか、いつも見ていて面白い試合になりますが、これまでの対戦成績が示すように、ほぼ互角と言っていいでしょう。

まずは、両者順当に勝ち上がった場合は、メドベージェフ戦が今大会、一つの山になるような気がします。

メドベージェフの次に当たる可能性が強い、ナダルを撃破することができれば、決勝進出までに当たる可能性として、フェデラー、チチパスあたり。これまでの対戦成績から言って、全く不可能ではないでしょう。

願わくば、決勝まで勝ち進み、決勝では、ジョコビッチに勝って、悲願のグランドスラム制覇を果たしてもらいたいものです。

1回戦の対戦相手 フランスのクウェンティン・アリス

 

1回戦の対戦相手は、ATPランキング153位、フランスのクウェンティン・アリス選手に決まりました。

クウェンティン・アリス選手は、1996年10月26日生まれの22歳、191cm、78kgと長身です。錦織選手とは、今回、初の対戦で、まだツアーの勝利はありません。

1回戦は、日本時間の5/26(日)の第2試合に決まりました。第1試合が18時開始ですから、20時前後の開始が予想されます。

ランキング153位と格下の選手ですが、今年は、各大会の前半、同じような初対戦でランキング下位の選手に苦しめられてきていますので、今回も要注意です。

ランキング下位の若手選手にとって、錦織選手は、トップ10の選手に勝つ登竜門とされているというような嫌な噂もあるほどですから、ここはしっかりと3セット先取のストレート勝ちで初戦を突破してもらいたいものです。

実際に、錦織選手もこのことは感じているようで、ランキング30位~40位以降の選手が強くなってきていると答えています。今シーズン、対戦当時のランキングで40位以下の選手に5度も敗れている錦織選手。同じ轍は踏まないように祈るばかりです。

 

1回戦の試合結果

おすすめの記事