今、開催中のシティーオープンを欠場した錦織選手。欠場の理由が明らかになっていないのが気になるところですが、SNSに練習風景の写真が投稿されているあたり、大きな問題はないのでしょう。

逆に、ケガでの欠場であれば、理由を公表しそうなので、それがない分、逆に安心なような気もします。

先日のウィンブルドンの際に、前哨戦を回避して、好成績だったので、今回も2匹目のドジョウを狙ったのかもしれませんね

そうでなくても、過密なスケジュールのATPツアー。欠場が許されるなら、適当な間隔で休養を取って、ここぞという大会で結果を残すほうがいいですね。

また、シティーオープンでは、西岡選手が、ゴファンを破る健闘。このところ、調子がいいので、引き続き楽しみですし、ウィンブルドンのジュニア優勝という快挙を成し遂げた望月選手など、日本の男子テニス界は、このところ明るい話題が多いですね。

 

2016年のロジャーズカップ決勝の様子。惜しかったですねぇ。今回は、ジョコビッチ不在。この年の再現を期待しましょう!

錦織圭 ロジャーズカップ2019の2回戦のドローや放送予定など

 

まずは、今大会ロジャーズカップ2019のドロー表です。

 

今大会、ジョコビッチ、フェデラーが出場を回避しましたので、錦織選手は第5シード。チチパス選手の島になりました。

同じ島のメンバーを見ると、ペール、ガスケ、モンフィスらのフランス勢が多いのと、他には、バウティスタ・アグートもいて、結構、お馴染みの強豪が揃っている感じです。

2回戦の対戦相手は、ペール、ガスケの勝者と予定されています。

このフランス勢の2人、かつては、両者とも、錦織選手にとって、天敵と言われた時もありましたが、最近の対戦では、圧勝していますね。

どちらが相手になっても、十分に勝機はあると思われますが、決して気を抜けない相手でもあります。

とくに、ペールは、調子に乗せると、どんどん奇妙なプレーを混ぜてくるので、錦織選手もきっと、やりにくい相手と思っていることでしょうね。

錦織vsペール 過去の対戦成績

 

これまでの両者の対戦成績は、錦織選手の7勝2敗。今年はこれまで、ドバイと全仏での対戦がありましたが、錦織選手の2勝という結果になっています。ただ、まだ記憶に新しいところですが、全仏では、フルセットの激戦でした。

上にも書きましたが、調子づかせると俄然強さを発揮してくる選手なので、できるだけフラストレーションを溜めさせて、自滅を誘うようなプレーをしたいですね。

錦織vsガスケ 過去の対戦成績

 

一方の、これまでのガスケ選手との対戦成績は、錦織選手から見て、3勝7敗と大きく負け越しています。

2008年の初対戦以降、2016年の7回目の対戦でようやく勝つことができました。ただ、その試合を含めて、直近の4試合の対戦では、錦織選手の3勝1敗で、過去の天敵意識は、乗り越えた感があります。

いつか、ジョコビッチに対しても、この乗り越えた感が出てくればいいのですが。

2回戦の放送予定

 

錦織選手が登場する2回戦は、日本時間の8月7日(水)or8日(木)に予定されています。

マスターズ1000は、NHK BS1で錦織選手の試合を中心に放送予定です。

有料放送では、スカパーのGAORAと、WOWOWのメンバーズオンデマンドでの配信が予定されています。

錦織圭のATPランキング、今後の展望

 

今現在の男子ATPランキング、実は4位~7位は、非常に僅差の熾烈な戦いになっているのをご存知でしょうか?

1位のジョコビッチは、ダントツで、2位、3位のナダル、フェデラーがそれに続いて、別格。

以下、4位~7位は、ティエム、チチパス、ズベレフと錦織選手で、わずかのポイント差で、デッドヒートを繰り広げています。

正確ではないかもしれませんが、最新情報では、ズベレフが7位に後退して、錦織選手が6位に浮上したようです。

そして、ティエム、チチパス選手との差も、わずかです。

昨年の本大会は、初戦敗退、続くシンシナティでも2回戦敗退だった錦織選手にとって、ポイントを失う確率は極めて少なく、今後の2大会の戦績いかんによっては、自己最高記録の4位に返り咲くチャンスも十分にありそうです。

続く全米オープンに向けて、錦織選手の活躍を大いに期待したいものですね!

にほんブログ村 テニスブログへ
にほんブログ村

おすすめの記事