ウィンブルドン1回戦、上位シード選手の敗退が多いですが、全仏準優勝のティエムも姿を消してしまいました。やはり全仏の疲労も少なからず残っているでしょうし、クレー巧者のティエムにとって、どちらかと言えば実績のないグラスへの切り替えは、ただでさえ時間のない中、難しいのでしょう。

世界的に見て、やはり芝のコートというのは、管理の手間の問題もあって少ないのでしょうね。全仏が終わってからの芝コートの前哨戦が他のグランドスラムに比べて圧倒的に少なく、逆にサーフェスの変化は最も激しいという選手にとっては過酷な条件なのでしょう。

錦織圭の1回戦の結果と考察

 

そんな状況下で、今年のウィンブルドンの錦織圭選手の1回戦は、好調と言っていい滑り出しとなりました。

対戦相手は、世界ランキング113位、ブラジルのチアゴ・モンテイロ選手で、今回が初めての対戦でした。

 

1回戦

 

ウィンブルドン 1 2 3 4 5 SET
錦織圭 6 77 6 0 0 3
ティアゴ・モンテイロ 4 63 4 0 0 0

第1セット

1set 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 tb total
錦織圭 - - - - - - - 6
ティアゴ・モンテイロ - - - - - - - - - 4

※:〇キープ/◎ブレーク/★タイブレーク獲得

第2セット

2set 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 tb total
錦織圭 - - - - - - 7
ティアゴ・モンテイロ - - - - - - - 6

 

第3セット

3set 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 tb total
錦織圭 - - - - - - - 6
ティアゴ・モンテイロ - - - - - - - - - 4

 

結果は、試合時間2時間と少々、スコア3-0のストレート勝ち。第2週へ向けての体力温存、省エネでの勝ち上がりという目的からすると十分、合格点を与えられる試合だったように思います。

惜しむらくは、本人の試合後のコメントにもあったように、第2セット。先にブレークし、2ブレークまであと一息だったところを取り切れず、逆にブレイクバックされてのタイブレーク。今回、タイブレークでセットが取れたので、いい流れのまま第3セットを迎えられましたが、仮にこのタイブレークを落とすようなことになっていたら、ここ最近よくあるランキング100位以上の相手に、フルセットの死闘を繰り広げないといけなかったかもしれません

そこが唯一の反省点でしょうか。

後は、ややアンフォースド・エラーがまだまだ多い気はしますが、攻めてのエラーもあるため、単純にエラー数だけで考察するのはナンセンスでしょう。リードしている状態での余裕からか、前後の揺さぶり、左右への打ち分け、共にすばらしく切れ味鋭いショットが多く見られたと思います。

錦織圭のウィンブルドン2回戦の対戦相手と放送予定

 

さて、続く2回戦の対戦相手が決まっています。

1回戦で、世界ランキング115位のデニス・イストミン(32歳)をストレートで下し、勝ち上がってきた、地元イギリスの若手、キャメロン・ノーリー選手(23歳、世界ランキング55位)です。

両者の対戦は、今回が初めてとなります。

ノーリー選手は、今年、ジャンプアップしている選手の一人で、本年度初戦のASBクラシックで、いきなり自身初となる決勝進出を決め、メキシコオープン(ATP500)でも準決勝進出を果たしています。

左利き、両手打ちバックハンドの選手で、トップ20以内の選手との対戦にも多く勝利して、5月には自己最高ランキング41位になっています。

錦織選手にとって、アウェイでの戦いというだけで不利な条件ですが、最近、苦戦を強いられる相手の共通点である、初対戦、若手の伸び盛りという条件に当てはまっている選手でもあり、侮れない選手でしょう。

 

錦織圭2回戦の試合日程と放送予定

 

錦織選手の2回戦、キャメロン・ノーリー選手との対戦は、日本時間の7月4日(木)に予定されています。現時点で、どのコートの何試合目かは決まっていません。わかり次第、更新したいと思います。

放送予定は、WOWOWでライブ放送の予定です。NHKでも錦織選手の登場試合を中心に放送が行われますが、詳細は未定です。

まだまだ、始まったばかりのウィンブルドン。無事に省エネで勝ち上がって、次週の戦いへ駒を進められるように、みんなで応援しましょう!

WOWOWに未加入の人は、この際、加入するのもいいタイミングかもしれません。7月は、ボクシングでは、パッキャオvsサーマンの試合が生中継される予定になっていて、テニスとボクシングを見るだけでも、スポーツ観戦好きには十分元が取れると思います

 

WOWOWへの加入は、こちらから。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 テニスブログへ
にほんブログ村

おすすめの記事