久しぶりに錦織の試合が見れるので大いに楽しみにしていたのですが、ロジャーズカップの初戦、対ガスケとの一戦は、残念ながら一時はマッチポイントを握りながらも逆転負けとなってしまいました。

これで、このロジャーズカップは、昨年に続いて初戦敗退。ポイントの増減はありません。結果論となってしまいますが、これで対ガスケとの対戦成績は、3勝8敗。またしても天敵意識が復活するかもしれませんね。

こんなこのとなら、ペールに頑張ってもらったほうがよかったかも。

ロジャーズカップ2019、錦織vsガスケの結果

2回戦

ロジャーズカップ 1 2 3 SET
錦織圭 78 2 64 1
リシャール・ガスケ 66 6 77 2

第1セット

1set 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 tb total
錦織圭 - - - - - - 7
リシャール・ガスケ - - - - - - - 6

※:〇キープ/◎ブレーク/★タイブレーク獲得

第2セット

2set 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 tb total
錦織圭 - - - - - - - - - - - 2
リシャール・ガスケ - - - - - - - 6

第3セット

3set 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 tb total
錦織圭 - - - - - - - 6
リシャール・ガスケ - - - - - - 7

 

試合を見た感じでは、ショットの切れは悪くなさそうでした。ただ、やはり、右腕の黒いサポーターとスピードを殺したサービスが気になりましたね

解説者も言っていましたが、ウィンブルドン後、2週間、痛みがあったので練習をせず、その後、2週間たってまだ痛みがあるというのは、随分と気になるところです。

ジョコビッチ、フェデラー不在のこの大会、昨年も初戦敗退なので、ここで好成績を上げれば、大きくポイントを伸ばすチャンスがあっただけに、残念です。次の、シンシナティーで、リカバリーできるか少し不安材料が残ります。

 

 

にほんブログ村 テニスブログへ

にほんブログ村

おすすめの記事