6/22(土)19時に「1000万円シリーズスペシャルマッチ 那須川天心vs亀田興毅」がabemaTVで放映されます。今週は、6/17(水)に、井岡一翔の4階級制覇がかかったWBOのスーパーフライ級王座決定戦も予定されていて、ボクシングファンにとっては、楽しみがいっぱいですね。

那須川天心 vs 亀田興毅の対戦ルールは、Abemaボクシングルール

 

さて、異種格闘技戦の場合、一番もめるのはやはりルールでしょう。例えば、今回の場合は、キックボクシングの那須川とボクシングの亀田、蹴りが可能となると、那須川に有利に働くのは明白ですからね。

今回のルールは、Abemaボクシングルールということで、2年前に行われた、「亀田興毅にボクシングで勝てば1000万円」と同じように、ボクシングルールで3分3ラウンド戦うというルールで行われる見込みです。ただし、選手の安全を考慮して、両者ともにヘッドギアを付けて行われる予定になっています。

グローブの重さについては、明確な記述は確認できませんでしたが、こちらも恐らく練習用の重いものを使用するのはないかと想像しています。

亀田氏も言っていますが、スパーリングの時でも、パンチによっては、相手がダウンすることは珍しくありませんので、安全面と試合の面白さを考えた落としどころとしては、練習用グローブでということになるのではないかと思います。

もし、さらに詳しい情報が入ってくればアップデートしたいと思います。

那須川天心 vs 亀田興毅の勝敗予想

 

那須川天心の異種格闘技戦というと、誰もが昨年末に行われたメイウェザー戦を思い出すことでしょう。

スポすきも固唾を飲んで試合の行方を見守っていましたが、予想外の決着に、試合後の1~2日間は信じられない気持ちが抜けないままでした。

確かに体重差はありましたが、マニー・パッキャオが6階級制覇した時の体重差と比べてどうかというと、決してやってはいけない体重差ではなかったように思います。(この辺りは、専門家ではないので無責任なこと書いているかもしれません。)

それであの結果。メイウェザーが凄すぎるという結論にするのが一番無難なところでしょうが、正直、もう少しやってくれるのではという期待感を持って見ていたことも事実です。

今回の亀田戦、ルール的にはボクシングルールなので、那須川不利は間違いないでしょうし、メイウェザー戦でのマイナスイメージが抜け切れてはいませんが、現役を退いてからの期間の長さを考えれば、普通は、那須川有利という予想が覆ることはないでしょう。

また、abemaTVのサイトには、各界の著名人の勝敗予想インタビューが載っていましたので、簡単にご紹介しておきます。

勝俣州和

最終ラウンド残り10秒で両者ノックアウト!

Zeebra

予想不可!

西野未姫

若さで那須川天心がKO!

須田亜香里

現役の那須川天心に勝ってほしい!

岸明日香

もしかしたら天心の勝ち!

千原ジュニア

今が旬の那須川天心の勝ち!

土田晃之

キックボクシングファンなので、天心の勝利!

はじめしゃちょー

亀田興毅!

内山高志

接戦になりそう。興毅はガードがいいが、引退して3年たったボクサーと現役の天心では、やっぱり天心有利じゃないかなぁ。ただ、興毅が現役に近いくらい練習していたら、興毅が勝つかも。

天心は、若いので伸びしろがたくさん。天心が勝ってもおかしくない。

ということで、大方の予想は、現役の那須川天心有利との声が多いようですが、元ボクシングのチャンプ内山高志が接戦予想をしているところが興味深いですね。

今週の土曜の夜のひとときは、那須川天心 vs 亀田興毅の試合を観戦して大いに盛り上がりましょう!

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村

おすすめの記事