待ちに待った、村田諒太vsロブブラント2が行われます。DAZNでの独占放送かと思っていましたが、フジテレビで放映されるんですね。最近は、民放のゴールデンタイムにボクシングが放送されることは滅多になくなりましたので、喜ばしいことです。ちょうど今日のネット記事にありましたが、今のテレビ業界は景気が悪く、視聴率が約束されていない選手の試合は、例え世界タイトルマッチでも放送されないそうです。今の日本のボクサーの中で、民放で放送が確定しているのは、井上尚也、井岡一翔、村田諒太の3人だけだそうです。

ボクシングファンとしては何とも寂しい限りですね。

昔は、具志堅は言うに及ばす、辰吉、畑山、内藤、亀田あたりの試合はよくやっていた記憶があります。鬼塚やユーリ・アルバチャコフなんていう、今となってはかなりマイナー選手もやってましたね。

村田諒太vsロブブラント2の勝敗予想、最終版

 

このところのネットニュースを見ていると、もう村田が必ず勝つかのような雰囲気になってきていますね

まぁ、そうでないと日本のファンは盛り上がらないと思うので当然でしょうが。

前日計量も、二人とも一発で合格したようで、試合前にいちゃもんが付くこともなくクリーンに試合が行われそうなことを、まずは喜びたいと思います。

スポすき!の勝敗予想ですが、2回目の予想からは変わっていません。大いなる期待を込めてというところはありますが、昨年の防衛戦では、風邪を引いて調整がうまくいっていなかったという情報も新たに知りましたし、ガードを固めて前に出たのはいいが、ブラントにアウトボクシングをされ、自分のパンチは当たらず、相手のパンチを矢のように浴びてしまうという前回の一番の敗因も、きっと対策していることでしょう。

さらに対策しているのは当然として、その策が実際にできるようにもトレーニングしてきていると思います。

恐らく、前半は、最初から、打ち合い覚悟で前に出ていくのではないかと思います

問題は、ブラントの出方。村田の作戦は、恐らく予想はしていると思われるので、村田が出てきて打ってきた時に、どう出るか?

前回同様、アウトボクシングに徹するのか?はたまた、打ち合いの中に、活路を見出すのか?

予想としては、アウトボクシングをすれば、今回の村田の戦略からして、前半にボディーをもらい、後半、スタミナが切れたところで、致命的なパンチをもらいKO負け。
打ち合った場合には、ブラントのスピード次第のような気はしますが、村田もそこまで遅い方ではないと思うので、いずれパワー負けをして、マットに沈んでしまうのではないかと思います。

それ以上、ブラントが有利な展開というのは、今のところ想像ができません

なんとしてでも、村田選手にベルト奪回してもらいたいものですね。

アンダーカードも楽しみ

 

放送枠が、20時過ぎからなので、恐らく、アンダーカードは、リアルタイムでは見れないでしょうが、2試合とも好カードですね。

拳四郎もV6がかかっていますし、清水もここを勝って、次はいよいよ世界戦という大事な試合です。

村田の試合が、早い時間に決着が付いて、残りの時間枠ででも、2人の試合が見れれば言うことなしなんですが。

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村

おすすめの記事