この週末は、ボクシングファンにとっては格別な週末だったのではないでしょうか?何と言っても村田諒太が見事、ロブブラントとの再戦に勝利して、再びWBAのミドル級チャンピオンに返り咲いたのが一番のビッグニュースでしょう。

この他、同時に行われた、拳四郎の6度目の防衛戦や、本日行われた、亀田和毅のWBOスーパーバンタム級の王者統一戦の結果と考察をやってみたいと思います。

村田諒太 vs ロブブラント 2

 

いや、もうとにかく見事でした。すぽすき!の試合前の予想も結構、当たっていたのではと思います。

予想外だったのは、1ラウンド開始早々、村田選手よりも、先に打って出てきたのがブラントの方だったということ。今回は、そういう作戦だったのでしょうね。

試合後に、村田選手も、前回のパンチはあまり効かなかったが、今回は、しっかり腰を入れたパンチで結構、効いたと言っていたので、どちらかというと、スロースターターの村田選手の出鼻をくじき、あわよくば致命的なパンチを打ち込もうという作戦だったのかもしれません。

実際、1ラウンドの序盤の村田選手は、防戦主体でした。この時点では、前回のいやなパターンの再現かと思ったほどです。

しかし、1ラウンド後半から、村田選手が今回の試合のためにどれほどの練習をこなしてきたかを証明する展開となりました

ガード一辺倒にならず、前に出て積極的に打ち合いに転じ、要所で、いいボディブローがブラントを何度も捉えていました。

そして、迎えた2ラウンド、村田選手の攻勢はさらに増し、重いパンチがブラントを直撃してダウンを奪うと、そこからの畳みかけも実に見事で、レフリーストップを呼び込んでの見事なTKO勝ちとなりました。

一度、レフリーが止めに入ったかと思うシーンもありましたが、そのまま試合続行で、このままだと打ち疲れて手が止まり、ラウンド終了まで逃げ切られるのではないかと一瞬冷っとしまいたが、結果的には、すばらしい勝利となりました。

なかなか練習でやってきたことが本番で出せないことはよくあること。特に、今回の村田選手は、負けたら引退もありえるという究極のプレッシャーの中で、よく練習してきたことを出し切ることができたと感心しました。

これでまた、近い将来、カネロやゴロフキンと言ったミドル級の超ビッグネームとの対戦の可能性も出てきたようで、すごく楽しみですね。

今回の再戴冠でモチベーションをなくすことなく、次戦以降のビッグネームとの対戦に向けてがんばってもらいたいと思います。

日本人で、しかもミドル級というクラスで世界の舞台で戦うなんて、これまでの日本のボクシング史上からすると考えられなかったことですからね。

拳四郎のV6戦

 

拳四郎も強かったですねぇ。当初、放送時間からすると、録画放送かと思っていましたが、ライブでの放送が見れて良かったですね。

あの童顔からは想像できない強烈なパンチが今回も見れました。パンチのある挑戦者に積極的に打ち合って、結構、被弾もしていたので、解説の八重樫さんや山中さんも言っていたように、少しハラハラしましたが、見事、一発のパンチで、挑戦者をTKO!素晴らしかったです。

カメラのアングルの関係で、いきなり挑戦者が崩れ落ち、スリップでもしたかな?と思いきや、後で、別角度からのスローを見ると、強烈な右ストレートが、挑戦者の頬を捉えていました

そして、効いてましたねぇ。

挑戦者は、足元もフラフラで、目も泳いでいました。

試合後、早く止められて残念と言っていたようですが、あの場面で、ファイティングポーズもまともにとれないほど、効いていましたから、レフリーのストップは妥当だったと思います。

これで次は、V7戦。京口との統一戦もありそうで、こちらも非常に楽しみです。ぜひ、偉大な具志堅さんの防衛記録を更新することを期待しています。

亀田和毅 vs レイ・バルガスの王者統一戦

 

こちらの試合は、残念ながら、アマチュア時代の借りを返すことができずに、亀田選手の判定負けとなってしまいました。

お互い決め手のなく、かつこれと言った見せ場もなく、淡々と試合が続き、見る側としてはあまり面白い試合ではありませんでしたね。まぁ、テクニック戦と言えなくもない試合でしたが、それにしては、両者とも、繰り出すパンチのバリエーションが単調だったと思います。

判定結果は、三者とも、117-110と、かなりの大差が付いたようですが、ラウンド毎のわずかな差を採点していくと、そういう結果になったと思いますが、そこまで、一方的な試合でもなかったように思います。

ただ、今回の試合で思ったことは、亀田和毅のボクシングは、あまり面白くないなぁということ。やはり、パンチがないことが最も大きな理由ですが、スピード的にも際立った速さはなく、世界的に見ても、今後、あまり注目されることもないのでは?と思ってしまった試合でした。

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村

おすすめの記事