何気に「井上尚弥」というキーワードがひっかかって、普段は見ることのない昼のテレビ番組を見る機会がありました。

番組名は「中居正広のニュースな会」、土曜日のお昼から放送されている番組で、最近よくある、芸能人司会の、今話題のニュースを斬るみたいな番組の一つのようです。

後半の15分くらいだったでしょうか?

ロドリゲス戦が終わって、2週間ほどで行われた対談のようでした。ロドリゲス戦は日本時間の5/19でしたから、6月初め頃の収録ですね。

ゲストに、長谷川穂積もいて、なかなか興味深い話が聞けて、ボクシングファンにとっては素晴らしいひとときでした。

ロドリゲス戦秘話

 

一番興味深かったのは、やはり、井上選手本人が語る、ロドリゲス戦の印象。特に、互角の戦いに見えた1ラウンドの攻防について。

井上選手のファーストパンチに対して、いきなりパンチを合わせてきたロドリゲスに対して、「まじか?こいつ!」と思ったそうです。

そこで、改めて、試合の映像が流れましたが、確かに井上選手のファーストパンチに対して、ロドリゲスがパンチを合わしていて、井上選手の頬をかすめていました。

(ただ、試合開始からじっくりと見てみると、ファーストパンチではなく、セカンドかサードパンチでした。)

このパンチで、1ラウンドは目をしっかりと見開いて、相手をしっかりと見ていこうと思ったそうです。

確かに、試合当日の記事でも書きましたが、1ラウンド、井上選手が大きく目を見開いて、ロドリゲスをしっかりと見ていたのがスポすきにも印象的でした。

また当日の民放の解説者であった長谷川穂積さんが、まだこの時点では、相手をしっかりと見ていますから、見切れていませんでしたと言っていたことも印象的でしたが、本人の弁によって、それが証明された形になりました。

WBSS準決勝 ロドリゲス戦

試合後のプライベート

 

試合後、2週間の時点で、どういう生活をしているか?という質問に対して、今は、好きなものを食べて、好きなだけ寝ているというのも意外でした。

ニュースでは、試合後の翌日から、練習を始めたと書かれていたので、2週間ごともなれば、かなりハードなトレーニングをルーチンで消化しているのかと思っていました。

体重も、バンタムのリミット52kgからは、8kgほど重い60kg程度、不摂生をすると63kgにもなることがあるというのにはびっくりです。

とにかく、プライベートでは、長男の明波(あきは)くんがかわいくてしょうがないという印象で、子どものために、以前よりも一層負けられない思いが強いと言っていただけに、井上選手にとって、結婚と長男誕生は、ボクシングに対するモチベーションという意味でもすごくプラスになっているように感じました。

減量について

 

またインタビューの中では、試合前の減量について具体的に生々しく語っていました。

試合前の減量は、1か月半ほど前から始まり、徐々にカロリーコントロールをして、3週間ほど前から、ぐっと落としていくと。

また減量食は、ジムの2階にある食堂のメニューだそうです。

正直、1か月で10kg近く、落とせる食事メニューの中身が気になりましたが、放送では少し映っただけで、具体的な紹介はありませんでした。

WBSS決勝のドネア戦について

 

WBSS決勝のドネア戦については、その後も、具体的な日程、場所はまだ全然未定のようです。

大阪が候補という話もありましたので、もし大阪なら、スポすきも見に行きたいと思いました。

ただ、今日のゲストの長谷川穂積さんのV10(だったと思います。)がかかった、モンティエール戦、武道館まで見に行って長谷川さんが負けてしまったので、実際、大阪開催が決まっても見に行くかどうか、少々迷ってしまいます。

また、長谷川さんが、ドネアがらみで最後に次のようなおもしろいコメントをしていました。

「ドネアは、僕が負けた選手(モンティエールのことでしょう。)に勝った選手。そのドネアに井上選手が勝ってしまうと、僕が井上選手より弱いということになってしまうのがすごく気になってます。」

最新のパウンドフォーパウンドのランキングでも前回同様4位をキープした井上選手。決勝のドネア戦が待ちきれませんね!

 

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村

おすすめの記事