【錦織圭】ウェスタン&サザン・オープン/シンシナティ2019初戦の放送予定

先週のロジャーズカップ2019では天敵ガスケに敗れ初戦敗退となった錦織選手。右手の具合が若干心配ではありますが、今回のウェスタン&サザン・オープン/シンシナティ2019では、何と1回戦のトンプソン戦を持ち味の激闘で制して勝ち上がってきた西岡選手との初対戦となりました。

普段とはまた一味違った楽しみのある対戦ですね。ワクワクします。

2回戦(初戦)の放送予定は?(ライブ配信を含む)(ウェスタン&サザン・オープン2019/シンシナティ大会)

 

今大会のライブのテレビ放送予定は、NHKのBS1とスカパーのGAORAで予定されています。

NHKBS1・BS102(サブチャンネル)

 

8月15日(木) 午前0:00~午前2:00 生中継

2回戦 錦織圭 vs 西岡良仁

GAORA

 

8月15日(木) 午前0:00~12:55 生中継
2回戦

WOWOW

 

会員限定ネット配信サービスWOWOWメンバーズオンデマンド

また、WOWOWを選局後、リモコンのdボタンを押して「男子テニスATPツアー」というボタンを押すと、オンデマンド配信の放送をテレビで視聴できます(一部対象外のテレビ・録画機があるので、ボタンが表示されない場合は視聴できません)。

日本と試合が行われるシンシナティの時差は13時間あります。(日本が13時間進んでいます。)

錦織vs西岡戦は、グランドスタンド(2番コート)の第1試合に決まりました。(同じコートの第3試合には、日本の大坂なおみ選手も登場の予定です。)

錦織選手の対戦相手、西岡良仁選手の戦績とプロフィール

 

ここで、今さらですが、西岡良仁選手のプロフィールのご紹介です。

今回、錦織選手とは、ATPツアーでの対戦は初めてとなります。

1995年9月27日生まれの23歳。まだまだこれからの選手です。

2年前の2017年に、前十字靭帯断裂の大けがから復帰、昨年のATP250の深センオープンで初優勝を飾っています。

170cm64kgという小柄な体ですが、粘り強いプレースタイルが身上です。

これまでのランキング最高位は、2017年3月20日付で記録した58位。

現在のランキングは、76位まで戻してきています。このままの調子でいけば、近い将来に自己最高ランキング更新も夢ではありませんね。

ウェスタン&サザン・オープン/シンシナティ2019の大会概要は?

 

大会名称 Western & Southern Open
グレード ATPマスターズ1000
開催期間 2019年8月12日(月)から2019年8月16日(日)
開催地  アメリカ合衆国オハイオ州シンシナティ
試合会場 Lindner Family Tennis Center
サーフェス ハードコート
ドロー数 シングルス56 ダブルス24

ウェスタン&サザン・オープン/シンシナティ2019の賞金とポイント

 

ラウンド ポイント 賞金
優勝 1000 $1,114,225
(約1億2070万円)
準優勝 600 $564,005
(約6110万円)
準決勝
(ベスト4)
360 $289,290
(約3130万円)
準々決勝
(ベスト8)
180 $149,100
(約1610万円)
3回戦
(ベスト16)
90 $74,695
(約810万円)
2回戦 45 $39,120
(約420万円)
1回戦 10 $22,045
(約240万円)

 

ウェスタン&サザン・オープン/シンシナティ2019のドロー表

 

ウェスタン&サザン・オープン/シンシナティ2019の大会日程

 

日付 男子 女子
8月10日() 予選 予選
8月11日() 予選・1回戦 予選
8月12日(月) 1回戦 1回戦
8月13日(火) 1回戦・2回戦 1回戦・2回戦
8月14日(水) 2回戦 2回戦
8月15日(木) 3回戦 3回戦
8月16日(金) 準々決勝 準々決勝
8月17日() 準決勝 準決勝
8月18日() 決勝 決勝

 

錦織圭 ウェスタン&サザン・オープン/シンシナティの過去の成績は?

 

ラウンド 対戦相手
2018 2回戦 スタン・ワウリンカ
2017
2016 3回戦 バーナード・トミック
2015
2014
2013 1回戦 フェリシアーノ・ロペス
2012 3回戦 スタン・ワウリンカ
2011 1回戦 ダビド・ナルバンディアン

 

2018年の錦織の試合結果
ラウンド 対戦相手 Rank スコア
2回戦 スタン・ワウリンカ 151 4-6, 4-6
1回戦 アンドレイ・ルブレフ 37 7-5, 6-3

 

 

 

 

ご覧の通り、これまでのウェスタン&サザン・オープン/シンシナティ大会の過去最高成績は2012年と2016年の3回戦

マスターズ1000の中で、最も結果が出ない大会となっています。昨年2018年も2回戦でワウリンカと対戦して破れています。通常、ウィンブルドンが終わって、全米オープンに向け、シティ・オープン、ロジャーズ・カップ、ウエスタン&サザン・オープンと3週連続で3週連続出場のスケジュールを予定しているため、最後の本大会では、やはり疲労度が激しくなっていることが予想されています。

今年は、右ひじの怪我の影響もあって、シティ・オープンは欠場、ロジャーズ・カップは初戦敗退と、スタミナ面では問題ないように思われますが、やはり右ひじの状態が懸念されますね

ウェスタン&サザン・オープン/シンシナティの歴代優勝者

 

昨年の大会では、決勝で、ジョコビッチがフェデラーを破り、この大会初優勝と、マスターズ大会全優勝の称号、ゴールデンマスターズを達成しています。

 

優勝者
2018 ノバク・ジョコビッチ
2017 グリゴール・ディミトロフ
2016 マリン・チリッチ
2015 ロジャー・フェデラー
2014 ロジャー・フェデラー
2013 ラファエル・ナダル
2012 ロジャー・フェデラー
2011 アンディ・マレー
2010 ロジャー・フェデラー
2009 ロジャー・フェデラー

 

今後のランキングの行方は?

 

今大会、ナダル、ティエム、フォニーニとトップ10シードから3人の欠場選手が出ています

さらには、ティエムが欠場したことで、錦織選手が今大会優勝すれば、過去最高ランキングの4位に復帰する可能性もありそうです。

全米オープンを前に、この大会でいい結果を残して弾みを付けてもらいたいものですね。

 

にほんブログ村 テニスブログへ

にほんブログ村

おすすめの記事