3回戦のデミノー戦素晴らしかったですね。正直、テレビ放送される機会が少ないので、じっくりと試合を見ることが少なかったのですが、今、乗りに乗っているということもあって、内容が素晴らしかったです。

2回戦は、錦織選手の体調不良というアクシデントがあったにせよ、西岡選手のテニスの内容も良かったですし、3回戦のデミノー戦も、その勢いそのままでした

準々決勝では、ワシントンのシティ・オープンで対戦して勝利したばかりのゴファンとの対戦。

勝機も十分あるので期待したいところです。

西岡良仁の3回戦デミノー戦の結果

 

3回戦

ウェスタン&サザン・オープン 1 2 3 SET
西岡良仁 7 6 0 2
アレックス・デ ミノー 5 4 0 0

第1セット

1set 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 tb total
西岡良仁 - - - - - - 7
アレックス・デ ミノー - - - - - - - - 5

※:〇キープ/◎ブレーク/★タイブレーク獲得

第2セット

2set 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 tb total
西岡良仁 - - - - - - - 6
アレックス・デ ミノー - - - - - - - - - 4

 

試合全体を通して、派手さないものの、unforced errorが少なく、左右の打ち分け、素早くネットに出る足など、見るべきものが多々あった試合でした。錦織戦の勝利が、一つのターニングポイントになったのかもしれませんね。

相手にブレークポイントも与えずに、サービスをキープしたのは、本当に立派です。

西岡良仁の準々決勝の対戦相手、ダビド・ゴファンのプロフィールや戦歴

 

ゴファン選手は、ベルギー出身、1990年生まれの28歳。テレビで見ていると小柄に見えますが、それでも身長は180cmあります。

プロ転向は、2009年。

現在のATPランキングは、19位、キャリアハイは、2017年11月20日付けの7位です。

これまでのツアー優勝は4回。そのうち、2017年の楽天オープンテニスでの優勝が含まれます。

テニスのコーチをしていたお父さんの影響で6歳からテニスを始めています。憧れのプレーヤーは、フェデラー選手ということで、これは錦織選手と同じですね。

2013年のシーズン終了時に左の手首を手術。2014年には、ATPのカムバックプレーヤーに選ばれています。

その後も、2017年には、右足首、2018年には、目と右ひじの怪我でしばらくツアーから離脱と、少し怪我に泣かされています。

今年のウィンブルドンでは、準々決勝まで勝ち上がり、ジョコビッチに敗れてはいますが、出だしは絶好調で、今年は復調の兆しが感じられる選手の一人ですね。

このまま、怪我がなければ、近いうちにトップ10返り咲きも十分ありえるでしょう。

 

西岡良仁 vs ゴファン 過去の対戦成績は?

両者のこれまでの対戦成績は、1勝1敗。

2016年の楽天オープンでの対戦は、7-5、6-2で、ゴファンのストレート勝ち。
2019年のシティ・オープンでは、6-7、6-2、7-6で西岡がフルセットの激闘の末に勝利しています。

シティー・オープンでの西岡選手の勝利は、まだ記憶に新しいところですが、3セットのうち、2セットがタイブレークでの決着と、まさに西岡選手の持ち味である、粘りがいかんなく発揮された試合でした。

さすがの温厚なゴファン選手も、イライラしている様がありありでした。

西岡良仁 vs ゴファン 準々決勝の放送予定は?

 

西岡 vs ゴファンの準々決勝は、バウティスタ アグート vs ガスケに続く、第2試合に組まれました。日本時間の8月17日(土)の3:30~4:00頃の開始予定です。

放送予定は、次の通りになっています。

NHK・BS1

8月17日(土) 3:30~ 生中継

スカパー・GAORA

8月17日(土) 2:00~7:00 生中継

その他、WOWOWメンバーズオンデマンド、Parabiのネット配信サービスでも配信の予定です。

まとめ

 

本大会、フェデラーも3回戦敗退で、上位のシード選手がどんどん消えています。

この勢いで、ゴファンを撃破すれば、バウディスタ・アグートとガスケの勝者。こちらも今の勢いなら、撃破も全く夢ではないでしょう。

予選からの勝ち上がりで、そろそろ体力が心配ではありますが、元々、粘りが身上の選手ゆえに、引き続きミラクルを起こして、最終的に、決勝でジョコビッチをも倒すことになれば、最高ですね。

試合時間が、日本の時間的には、厳しい時間帯ですが、土曜日は休みの方も多いはず。がんばって西岡選手を応援しましょう!

にほんブログ村 テニスブログへ

にほんブログ村

おすすめの記事